保育園の外壁塗装業者を大阪でみつける

私が家を建てたのは、いまから20年も前のことです。
当然新築の家は、とてもきれいですし、しばらくはこの状態を保っていられるのだと思ったのを覚えています。
でも日々暮らしていて、家も雨や風にさらされていれば痛んでいきます。
外装もきれいだったのは数年で、10年もしたら、色はあせて、部分的にかなり傷んできたりするものです。
そんなときに、面倒だといって修理しないでいると、結局は雨漏りの原因になってしまったり家の寿命を短くすることになるのです。
家は建てたらおわりではなくて、メンテナンスをしながら維持させていかなくてはならないのです。
ですから、外壁塗装もある程度の年数になったらやらなくてはならないものなのです。
もし、外壁塗装業者を大阪で見つけたいと思うのでしたら、ネットを利用して口コミ情報を集めてみるのもいいと思います。
ネットと口コミ情報はかなり信用ができると思うのでそこで、評判のよい業者をみつけるのがよい方法だと思います。

息子が保育園へ通い始めたのが2歳の頃です。
私は育児休暇を取っていたのですが、今まで息子と密着した生活を送っていたので、保育園に行くことに不安がありました。
「保育園になじめるだろうか。
」「私がいなくても泣かないだろうか。
」など、多くの心配がありましたが、主人と話し合い、思い切って保育園へ通うことを決意しました。
保育園へ登園1か月ぐらいは、息子が泣きじゃくっていたのですが、保母さんが優しく接してくれたおかげで、少しずつ保育園の雰囲気に慣れる事が出来たのです。
保育園が始まって1ヶ月間は、息子にとっても私にとっても試練の毎日でした。
息子も私がいないことに寂しさを感じていたでしょうし、私も仕事中は、罪悪感と心配な気持ちがいっぱいで、仕事が終わると走って迎えに行きました。
そんな私たち親子をみていた保育園の園長さんが「息子さんは、大きく成長していますよ。
大丈夫です。
」と言って下さり、涙があふれました。
今では、保育園の生活にも慣れ、友達と遊ぼうとがんばっているようです。

保育園の充実と少子化対策

| トラックバック(0)
子供の数が少ない、少子化だと騒いでいるにも関わらず、保育園が足りないというのはこれいかに。
今の状態で保育園が足りないのであれば、少子化対策などして子供が増えてしまったら、ますます困ることになるのではないでしょうか。
保育園に預けずに、母親が常にそばにいて、手元で育てることを前提としているのでしょうか。
しかし、そのためには、経済的にも余裕がなければならないでしょう。
景気がよくなる様子もないなか、それも無理というものだと思います。
小さな頃から、同じ年頃の子供たちとともに時間を過ごすということは、子供にとっても大事なことだと思います。
子供なりに、人を思いやる気持ちなど、人との関係で大事なことが養われることでしょう。
そのためにも、保育園は重要な存在であると思います。
保育園の不足には、さまざまな原因があると思います。
共働きの増加や、保育士の不足も原因の一つでしょう。
しかし、なぜ共働きが増えているのか、なぜ保育士が足りないのか、これを考えると、やはりすべては景気の悪さとそのための予算不足が問題なのではないかと思います。
無責任に少子化対策を掲げるよりも、少ない子供たちをいかに健やかに育てていくかを考えてほしいものです。
それを考えたとき、保育園の意義も改めて見直されると思います。
例え数は少なくても、子供たちが大人たちに見守られ、健やかに安全に成長する。
その仕組みを作ることが、結果として少子化対策になるのではないかと考えています。

小さな子供にとって、同じくらいの子供達と過ごす時間は貴重なものです。
親や他の世話をしてくれる大人とは違った、特別な時間なのです。
保育園なら、そんな貴重な時間をゆっくりと、じっくりと過ごす事が出来ます。
保育園には、同年齢の子供達の他にプロの先生も居ます。
この先生が居てくれる事によって、子供同士のトラブルなどが起きた時にも素早く対応してくれます。
子供にとって、友人とのトラブルは付きものです。
このトラブルあってこそ子供は成長するのです。
人との係わりを学ぶのに、保育園は最適な場所です。
ケンカをしないようにと、なんでも避けていては子供は何も学べません。
最初から口出しをするのではなく、年齢によって自分達でどうしてら良いか考えさせるのも経験です。
まだ小さいから、何もわからないだろうと思うのは違います。
保育園では、その年齢や個性に合わせて対応してくれます。
子供は毎日、少しずつ成長していくのです。
保育園で、楽しく皆で学んで健やかに成長していって欲しいですね。

保育園に通っていた頃は

| トラックバック(0)
私の子供は三姉妹です。
上のお姉ちゃんたちは小学生になりもう保育園には通ってはいませんが、次女は一年生になったばかりなのでつい最近まで保育園に通っていたと思うと信じられません。
立派なお姉ちゃんになりました。
保育園の時には私がいつも送り迎えをしていましたが。
今思い返すと、長女と次女の通っていた年数を見ると7年間毎日送り迎えをしていました。
休んだ時もありますが、毎日私もがんばったなと思いました。
今は集団登校で学校に行っているので私の出番はなくとても楽になりました。
保育園の頃は何かと平日に行事も多かったのでしょちゅう保育園に私達親も行っていたようなきがしますが、当時は面倒だなと思っていたこともありましたが、今となってはなんだか寂しい気もします。
三女はまだ保育園にいれていないのですが来年ごろから入れる予定なのでまた今までのような長い保育園生活が始まるかと思うと嬉しいような悲しいような複雑な気分です。

保育園選びの情報。

| トラックバック(0)

みなさんは、どのような保育園を探していますか?
私は、以前、雑誌で読んだような食育や自然環境に接することに熱心な保育園が、子供の成長や将来のためにいいかなと思っています。
保育士さんの数が揃っていて、皆さん明るく元気がポイント。
そして、時に厳しく、マナーや礼儀を教えてくれ、習慣づけるプログラムのようなものがあるといいですね。
散歩や課外活動で、近隣の野山に出かけたり、農家での収穫体験など自然体験をさせてもらえたら嬉しいです。
そして、食育に熱心で、体に優しい自然なものを給食やオヤツに提供していただけたらなと思います。
ある保育園では、お昼は、ご飯に味噌汁、野菜の煮物に、小魚など、身体を作り、整えるものを中心に、よく噛むことを習慣づける内容となっていました。
家では、好きなものばかり食べさせてしまったりするので、嬉しい内容だなと思いました。
また、オヤツも栄養士さん手作りのサツマイモを使ったケーキや、おからを使ったケーキ、最近流行の米粉を使った蒸しパンなど工夫がこらされていて良かったです。
先輩ママたちの情報や雑誌などの情報を集めながら、保育園を探してみようと思います。

保育園で成長する子供達

| トラックバック(0)

保育園で成長する子供達

ウチの次女は幼稚園出身ですが、長女は2つの保育園を経験しました
1つは、のんびりした雰囲気で、もうひとつは自立を促す保育園でした
特に印象に残っているのは、自立を促す保育園です
そこは、親も子供もちゃんと成長することを目標にしていたので、とても厳しい保育園でした
保育園では自分の事は自分ですること
そして、食事は残さないで食べること
専門の調理師さんと栄養士の人がいて、おやつにも気を配ってくれてました
そして、もう1つ、人前で堂々と出来る訓練として、年に何回か劇や歌や演奏会が開かれました
0歳の赤ちゃんの時から、舞台に立って、歌ったり、セリフを言ったりするんです
年中ぐらいになると、むずかしくなってきます
そのため、家で、親と一緒に練習することが義務化されます
楽器を持ち帰ることもよくありました
その頃は大変だと思いましたが、今になると、人前でも緊張しない、自立した子供に育った気がします
逆に、のんびり幼稚園で育った次女は、ノビノビ育ったでしょうか
保育園というと、なんとなく良い印象のない年配の方もいると思いますが、子供達はたくましく育っているように思います
保育園不足が問題になってますが、もっとたくさんの人が利用できるように数や利用できる条件が緩和して親達の強い味方になって欲しいと思います

はだしの保育園

| トラックバック(0)

はだしの保育園

私が住んでいる街に、ちょっとユニークな保育園があります。
テレビ取材を受けたこともあるそうです。
近所の子供が行っているのですが、毎日どろんこになって遊ぶので、洗濯が大変だそうです。
でも子供が日に日にたくましくなっていくようで、洗濯も苦にならないと、その子のお母さんは言っていました。
どうして、どろんこになるのかと言うと、その保育園では、大きな庭に大きな砂場があり、水をかけて遊んだりしてもOKなのだそうです。
そして庭も危ないものが落ちていないかどうか、くまなくチェックしているので、子供たちは何も履かないで、はだしで走り回っているのだそうです。
健康のためにも、はだしを奨励しているのだそうです。
入学前の体験入園で、方針を説明され、子供たちに実際にどろだらけになって遊んでもらうのだそうです。
それで親が納得したら入園してもらうのだそうです。

保育園ということで親が働いている人に限られますが、とにかく今や相当な人気で、なかなか入れないほどだそうです。

 

特徴ある保育園に入れたい

| トラックバック(0)

特徴ある保育園に入れたい

出産後一年間の育児休暇。
いまを満喫して子供と思いっきり触れ合える時間がとても幸せです。
でもそろそろ保育園のことも考えなくてはいけません。
子供が三歳になるまでは預けるなんてとんでもない!と
義母には言われたのですが今は良く選べば素晴らしい保育園がありますし
仕事から帰った時間を子供と濃密に過ごすことができれば
とてもいい親子の関係が築けると確信していますので
子供を保育園に預けるのに迷いはありません。
保育園には公立と私立があります。
私の住んでいる地域では公立の保育園の方が保育料が安いようです。
でも入りやすいのは私立の方。
公立の保育園は待機児童がいっぱいです。
私立の保育園の中には教育に力を入れているところがあり
英語教育を行っていたり、専門の体育の先生を呼んで
体育教育に力を入れているところもあります。
そのような特徴のある保育園を選ぶのもおもしろいかなと思います。
預けている間をただ過ごすのではなくいろいろな楽しい思い、ためになる経験を
させてあげられる保育園を選びたいです。

 

保育園の遊具を検討するときに聞いた事があるのですが、遊具は保育園には必要なものなのですが、昔の基準と今の基準ではかなり違っているようで、安全面での基準がとても厳しくなっているそうです。最近は海外からの輸入品も多くその安全基準が難しいそうなのですが、ブランコなででの事故が多発していた昔からかなり変わってきているのでしょう。確かに私が子供の頃は公園で大怪我をしている人が沢山いらっしゃいました。

保育園や幼稚園で起こると大変な問題になるのは間違いないでしょうから、相当頭をなやましているそうです。安心て大事ですがのびのび遊ぶ事も大事だとは思います。

 

保育園を元気にする遊び

| トラックバック(0)

保育園を元気にする遊びがあるそうで、子供達をみているとそれが何かわかってきました。それはお友達とただ単に走り回る事なのです。何をするというわけでもなくただ走っているだけですが、その顔を見ているととても楽しそうにしています。こんなに楽しんでいる姿を私は息子に観る事があまりありません。友達と一緒がいいのでしょう、そしてとにかく全力で走ったり飛んだりしながら体力を使うのです。

確かに私も思い返すと小学生の頃は休み時間中ずっと走っていました。それは今から考えると理由はまったくわかりませんし何が楽しかったのかと思いますが、その笑顔は保育園の子供達の笑顔と同じだったのだと重い巻いた。子供の笑顔が一つでもたくさん増えることが日本の元気につながっていくのだと思います。

 

卒業式にオーダースーツ

| トラックバック(0)

久しぶりのオーダースーツですが、息子の晴れ舞台ですから家族みんなで張り切りました。早いものでもう6歳今年から小学生になるので考え深いですね。いろいろこの6年ありましたが、皆元気で暮らしているのは何よりです。

オーダースーツには私の息子の想いがあります。ちょうど6年前に息子が生まれるときにつくったオーダースーツがありまして、生まれた時に病院に着ていったのですがその写真がいつも飾ってあるので息子からするとその時のスーツは私のトレードマークのようなのです。

こんなに成長した息子の卒業式ですから、しっかりとお祝いしたいですね。勿論これから皆で仲良く元気に暮らせるようにと思います。私も今年厄年になるので健康に気をつけて行きたいと思います。

 

保育園のホームページの出来が素晴らしい保育園は、入所させたいと考えるのではないかと思います。逆に保育園でもホームページに力の入っていない保育園はがっかりしてしまいますし、情報公開が出来ていないのではないかと思います。

特に保育園は情報が閉鎖的なように感じる業界ですから、どんどんホームページを使って情報発信して欲しいものです。親は子供の事が心配ですから、やりすぎな事は決して無いと思います。保育園と言えば子供を見てあげているという感覚の保育園が多いですからちゃんと見られているというアピールが必要ですし保育園のサービスの判断をホームページを使って親も確認したほうがいいでしょう。積極的に公開している保育園はよい保育園と言えるかもしれません。

 

保育園の給食で黒酢

| トラックバック(0)

保育園の給食で黒酢を出してくれるところがちらほらあります。黒酢には子供達もとったほうが良い栄養がありますし、老化をとめる作用もあるそうですし風邪をひきにくくなる効果もあると聞きます。黒酢は昔から高級な調味料として取り扱いされてきましたが、タマノイ酢が登場してから飲む黒酢もでてきました。

飲むのは抵抗があったと思いますが、正直私は飲む黒酢が大好きでコンビにでもよく飲むほどの好物です。新しい保育園の取り組みとして健康食品も給食に出してくれるのは親としてはとてもうれしい事だと思います。ある保育園では油物ばかり出しているところもあるとききますのでバランスの取れた栄養のある給食は安心です。これからも黒酢だけではなくて青汁なども取り入れて欲しいと思います。

 

泥んこ遊びで楽しそうな保育園があるそうです。園児たちはとても活発で裸足で外を走り回っているそうです。痛くないのかと思うのですが慣れるのでしょう。冬も上半身も裸で運動したり健康な体になりそうで風邪などひかないのでしょう。全てがそのような環境だとどうかと思いますが、メリハリをつけてそのような時間を設けるのはすべての保育園だけでなく幼稚園も取り入れたほうがいいと思います。親は子供の健康を望んでいるはずですから、そんな事を続けている子供は風邪など引かないのではないかと思います。私も子供の頃は半そで半ズボンでしたから風邪などひきませんでした。元気な子供にする事が一番の目的と考えると素晴らしい取り組みだと思うしもっと広がってほしいと思います。

 

管理体制のしっかりとした保育園に預けたいものです。のびのび保育はとてもすばらしいと思いますし自然を感じるような保育園の中で畑を耕すなどどんどん行ってほしいのですがしっかりと管理の下というのが原則だと思います。大切な子供を預かっているわけですからあたり前のことです。最近保育園にコンピュータソフトを導入する動きが加速しているそうですがこれもすばらしいことだと思います。園児の日常をしっかりとレポートする事によって日々の変化などを自分だけでなく保育士全員が把握する事ができるということは、わざわざ他の教室まで行かなくても各教室で見る事ができます。

ITを駆使した方法もとる事は重要ではないかと思います。保育士に余裕を与え子供と向き合う時間を提供することも保育園の役割でしょう。

 

保育園の新しい遊具

| トラックバック(0)

保育園の新しい遊具が運動場に入ってくるととても子供達はうれしそうに遊んでいます最近の運動場は人工芝を敷いている保育園もたくさんなるようでそれもロングパイルという人工芝を敷いています。芝目が長いのが特徴でクッション性も高く安全で鉄棒やブランコのしたなどにも使われています。保育園の遊具で遊んでいる時の子供達の顔は生き生きしていて先生もうれしそうです。私達は保育園のよくお邪魔するのですが素晴らしい保育士は子供達に大人気で一緒に放課後遊んでいます。子供と向き合う保育士は輝いていてそんな保育士に担任になった子供は一生覚えているでしょう。

 

保育園のSEO対策

| トラックバック(0)

保育園のSEO対策が増えています。SEOノウハウを生かしてホームページを露出する事が保育園の中で広がっています。保護者は保育園 地域などで検索し保育園を探す人がいるので保育園はSEO対策で上位表示させるのでしょう。保護者としてはとても便利なサービスで目立つ場所に表示されていると探さなくてもいいのでいいですね。

特に女性の場合あまりパソコンが得意ではありませんのですぐに出てくると助かります最近はスマートフォンなどにもgoogleが搭載されているので簡単に検索することができます。検索エンジンの特性を最大限に繁栄させて内部対策から業界のサイトからのリンクなどを利用する被リンク対策なども効果としては強いようですので効果的なSEOを実施すると保育園も選ばれることになるでしょう。そのようなSEOの相談は下記サイトでできるでしょう。

SEO 大阪で相談する事ができます。大阪の中でもSEOの技術力はトップクラスのようです。多数の実績もあるので是非ご相談ください。

保育園のシステム開発

| トラックバック(0)

保育園のシステム開発はこれから始まりと言えます。ほとんどの保育園はシステム化されていない状況ですから業務省力はもう企業であれば普通ですし昨今学校でも成績などのシステムは普及しているにもかかわらず保育園だけがほとんど進んでいない現状を考えると遅れていると考えるべきでしょう。保育園の業務にはシステム化しなければ行かないと思うところが随所に見られますのでもう普及していてもおかしくないとおもいます。だからこそ保育ソフトを販売しているメーカーはしっかりと導入のメリットを訴える必要があるのでしょう。

今後の導入園の増加が保育士の負担の軽減や保育の質の向上に繋がる事は間違いなくこれからの保育に必ず必要でしょう。

 

息子がお芋堀りをしてたくさん持って帰りました。食べきれないお芋の数だったのでおばあちゃんのところに持って行きました。とても喜んでいたのですが毎年今ひとつ美味しくないサツマイモですが今年は珍しくおいしいお芋で近所のママも珍しいと口を揃えて言っていました。保育園でもお芋堀はあると思いますがあまり土をさわることがすくない子供達ですからお芋堀をしながらミミズがでてきたりモグラがでてきたりしたそうなのでよい経験になったのではないかと思います。今年で最後だったのですが来年小学生になってもこんな行事があればいいなと思います。小学生の頃の思い出がほとんどないので思い出せないのですが子供達も楽しく通って欲しいですね。もう少しですから友達もたくさん出来ましたし良かったと思います。

 

保育園のお昼寝

| トラックバック(0)

保育園のお昼寝は幼稚園ではない独特の習慣ですが夜遅いお母さんもいるのでお昼間に寝ることが何故かどこの保育園も決まっています。確かに年少さんなどは幼稚園でも帰ってくると寝る子がおおいのですが、年中くらいになると夜まで起きているようです。私の息子も年中のちょうど終わりくらいまでお昼寝をしていました。だんだん寝る時間が遅くなって今では寝る時間は私達と同じくらいになっていつも幼稚園は朝が大変です。私が会社に行く時間でも寝ているので起こすのは私の仕事です。もう少し早く寝ることが大切で私達の時代などはいつも8時には寝ていました。これからどんどん遅くなっていくのでしょうが最近の子供達はゲームをしたりテレビを見たり興味の幅が広がって忙しいですね。

 

食育を実践している保育園

| トラックバック(0)

食育を実践している保育園が多数あることがわかりました。
食を大事にする保育を実践している保育園です。

わかり易く言うと保育園の給食も調理方法はまちまちで勿論
調理場で調理師さんが作っているのは確かなのですが
揚げ物ばかり出す保育園も実際ありますし献立にあまり
意識していない保育園はよくあります。

それを無農薬無添加の食材で統一して集め
その材料で日々の給食を作っている保育園があります。

そしてそのことをしっかりと子供達に伝え
いかに食べ物が大切かと言う事を解いています。

給食がおいしいと評判になるようで園長の考え方次第です。
食にこだわっておられない普通の保育園ではまずでてこないような
給食がでてくるのでうらやましいですね。
私が食べたいくらいです。親としては本当に安心して預ける事が出来ますね。

中国の保育園

| トラックバック(0)

先日テレビを見ていると中国にも保育園があると言っていました。

確かに中国は一人っ子政策ではありますが、供働きが基本のようで

夫婦が働くということは預けるということですから保育園は必要なのでしょう。

それが都心の上海や北京などで広がっているそうです。

そんな中国の保育園も日本と同じように園庭があり遊具もそろっていました。

外観もとってよく似ていて驚きました。更に中国も保育園が増えると言ってましたので

それらのビジネスがまた盛んになりそうです。ただ今後もそれらの政策によっては

方向転換するのが中国ですからよくわかりませんが

上海を歩いていると子供達の列に遭遇すると日本の保育園とまったく同じでびっくりしまし

た。

保育園の行事で一生懸命

| トラックバック(0)

保育園の行事で一生懸命な保育士さんは大変です。

もうすぐ運動会のシーズンですが、運動会の準備はほとんどが

保育士の仕事ですから夜遅くまで残って作業しているそうです。

子供達を楽しませようとおもう保育士の気持ちだとおもいます。

そんな保育園は行事でお父さんやお母さんに子供達の成長を

より感じてもらえるように開放して一緒に行われます。

運動会は幼稚園・保育園の一大行事ですから

保育士さんも真剣なのでしょう。体に気をつけてほどほどに

頑張ってほしいですね。

保育園の求人対策は必要

| トラックバック(0)

保育園の求人対策は必要

保育園はとても人に入れ替わりの激しい業種でアルバイトもなかなか

定着しない業種で、優秀な保育士の確保は重大な責任となっています。

求人 愛知ではそれらの保育士の求人相談はもちろんそれらの対策に

力をいれています。様々な保育園が求人対策をしているそうで

ある保育園では、とても優秀な保育士がきてくれたといっていました。

リクルートのノウハウをフルに提供するところは正に求人の救世主です。

業界のパイオニアとして頑張って欲しいです。

保育園の運動会はハードですね。いろんな取り組みを聞いていると

保育園も幼稚園と同じような行事があって本当に一生懸命子供たちが

頑張っています。少し覗かしてもらったら縄跳びをとんでいたり

組み体操のようなことをしていたり走りも頑張っていました。

そんな運動会を見ていると私も子供の頃を思い出します。

一生懸命頑張っている姿は素晴らしいなと感じながら保育園も

頑張っているんだと思いました。先生に聞くとほとんど幼稚園と同じような

行事が設定されているようで自由度も高く園独自の行事もたくさんあるそうです。

これからも子供達のために素晴らしい行事をお願いしてきました。

未来を背負う子供たちが元気で育つのも保育園があるからでしょう。

保育園でも園バスを持っているところが増えているようです。

園バスと言えば幼稚園をイメージするわけですが

最近は保育園もバスを導入し送迎をしているところがあるようで

中には民間の保育園までもっているそうです。

確かに公園や工場見学など様々な用途に使用できるバスは便利です。

サービス向上に役立っているそうですがコストがかかりますので

保育費にのせられているのではないかと心配になりますが

聞いてみるとこれは寄付などで導入しているところもあれば

初期の運営の予算の中に含まれているそうで関係ないといわれていました。

保育園も新サービスがどんどんでてきています。

 

 

保育園でお芋ほり

| コメント(0) | トラックバック(0)

保育園でお芋ほりもしています。園児たちで掘った薩摩芋を家にもって帰れるそうです。

土を触ることは子供達にとってもいいことだと思います。たくさんミミズがでてきたり

するそうです。最近はミミズも見る事が殆どなくなりザリガニもでかけなければ

いないような状況ですから自然にふれることは重要な教育だと思います。

土の中にはたくさんの生き物が生息していますのでそのなかでいろんな勉強ができ

更には自分達で育ててそして収穫することでそれをまた食べる食物連鎖のサイクルも

勉強できるのは素晴らしいなあと思います。

滑り台を電動工具で作る

| トラックバック(0)

保育園の滑り台を電動工具を使って園児と作る事になりました。

殆ど職員がつくりましたが最近の電動工具はすばらしく

使い方も簡単で安全性も高く滑り台を簡単につくることができました。

大工さんにも手伝ってもらい一日で完成したのですが園児はとても

喜んでいました。木を運ぶのを手伝ってくれましたので皆の力で

作った滑り台でうから皆にの気持ちも一つになったのではないかと思います。

電動工具は最初は危ないかなと思いましたが電動ドリルなど

安全な物を使用しましたしのこぎりを使う時は園児はいませんでしたので

大丈夫だとおもいました。無事に完成してよかったです。また

何か作りたいと思います。次は動物の家を作りたいですね。

保育園の最近の設備って本当にすごいの一言です。

私が知っている保育園は門の前に防犯カメラが設置していて

侵入者をシャットアウトできるようになっています。

そして保護者も迎えに来るときはICカードをもって迎えに行き

門のセンサーにかざすと門が自動的に開く仕組みで

どうやらそのICカードの情報はメインコンピューターに格納され

誰がいつ来園したのかを把握する仕組みになっているのです。

そんな保育園はとてもハイテクで中はといいますと

太陽光パネルが屋根に引かれて電気を作ることができるのです。

カッコイイですね。保育園は今変わってきているのですね。

 

保育園の園児に眼科検診してもらうことにしました。

最近の子供は視力の低下が著しくレーシック手術を行う子供が増えているそうです。

レーシック自体どこの眼科でもやっているわけではないようで

限られているのですが、その中でも良い病院とあまりの病院があるそうです。

私の親戚もレーシックで視力がかなりあがりましたのでよかったのですが

10年後気をつけないといけないそうです。最近ニュースで感染症に

かかって大変なことになったそうでなおきをつけて比較したほうがよさそうです。

私は目がわるくて円錐角膜で視力が低いのですがレーシックは本当は

やりたいのですが円錐角膜はできないそうです。

視力はとても大切です。私の子供にも伝えています。

 

 

保育園のサービスはホームページ作成で紹介するべきではないでしょうか?

10年くらい前に保育園にホームページ作成の補助金が配られそれをつかって

ホームぺージを作成したのですが、かなり高額の補助金で制作したわりには

あまりよくわからないホームページばかりでした。もっと保護者が保育園をみて

子供達の様子がイメージできるような取り組みが必要で、今までそんなことを

していなかったのではないかと思います。ホームページの役割はそんな利用する

人の為にあるわけでもっと国をあげて保育園も開かれたサービスを提供し

もっとアピールするべきだと思います。あまりに内向きな感じですから

明るい未来に向けた子供達を紹介して欲しいと思います。ホームページ作成を

通じて私達はいい保育園のサービスを紹介して行きたいと思いますし

それが保育園のサービス向上にもつながると思います。

保育園の教育

| コメント(0) | トラックバック(0)

保育園の教育について

保育園の中で教育はかなり分かれるところで普通の保育園はあえてあまり力を

いれていないのびのび保育園とちょっと勉強に力をいれた保育園に分かれています。

地域によって差が出ているようですね。

脳の発達は0歳から5歳くらいまでにほぼ確定しとても大事な時期ですから

良く遊ぶことも大切ですが覚えさすにはそのころが最適のようです。

遊びも脳の発達には良いそうですが保育園もいろんなことを試されてはと思います。

近年親からの要望もますます大きくなってきている中もっと教育して欲しいと望む親にとっ

ては仕方なく保育園に預けている場合もあるそうですから国も少し考えて制度そのものを

見直す時期に来ているのではないかと思います。

今人気の高い保育園は教育熱心な保育園だそうですよ。

保育園にしようか?幼稚園にしようか?お子さんをお持ちの親なら、どちらに子供を通わせたいか悩むものです。
最近は、幼稚園よりも保育園の方が需要が増えていると聞きますので、今回は保育園のサービスについて説明させていただきますね。
保育園のサービス
1.親が働いている間の子供の保育全般
2.食事、オヤツの提供
3.子供の集団生活に対する指導
4.オムツはずしのトレーニング手伝い
5.離乳食のトレーニング
6.沐浴、プール遊び
7.オムツ替え
8. 子供の安全管理、健康管理
9.育児相談、育児指導
保育園のサービスは本当に手厚いです。
働くパパママが安心して仕事できるように、いろいろなサポートをしてくれます。
時には優しく、時には少し厳しく園児の両親を導いてくれる心強いサポーターです。
もちろん、子供にとっては親が一番で絶対の存在であることに変わりはありませんが、保育時間には親に代わっていろいろな面倒をみてくださいます。
保育園はすばらしいところです。

保育園はサービス内容で選ぶ

毎日お子様を預ける保育園ですが、
保育園によってそのサービス内容もいろいろと違いがあります。
いざ通い始めてから後悔しないように
自分とお子様に合った保育園をしっかり比較検討して決めましょう。
仕事を持っているお母さんにとっては保育の時間は重要です。
急な残業で迎えに行けない事態になった時に、延長して預かってくれるかどうか、
夜間保育や宿泊保育を行っている保育園もあります。
柔軟な対応ができるかどうか事前に確認しておきましょう。
最近は保育園で英語教育を取り入れている園も増えています。
もちろん英語に限らず将来的な事を考えて、積極的に様々な教育を取り入れている園を選ぶのも大きなポイントです。
障がいやアレルギーをお持ちのお子様の場合は事前にしっかり相談しておきたいです。
専門知識を持った保育士さんがいるかどうかというのは非常に重要です。
この他にも様々なサービスが園によって行われています。
お子様の成長に関わってくる施設ですから、時間をかけて検討しましょう。

保育園のさまざまなサービス

最近女性は出産しても仕事を続ける人が増えてきました。
そのため子どもを小さいころから保育園に預ける人が増えてきました。

そんな保育園で、今最も親から求められているサービスは朝早く夜遅くまでみてくれる延長保育ではないでしょうか。
延長保育をほぼすべての園がしており、仕事が終わるのが遅くても延長してみてくれます。
毎日遅くないという保護者の方でも事前に遅くなる日を行っておけば、その日だけ延長してくれる園もあり、働く保護者には助かるサービスだと思います。
そして、バスで家の近所まで迎えに来てくれる送迎がある保育園もあったり、保育園の中では英語を話しましょうという国際的な子どもを育てたいという保護者に好まれる園もあります。
保育園に預けていて、熱を出したから迎えに来てくださいという保護者への電話があることがありますが、急には仕事が抜けられないという方には、病児保育というのもあり、看護士が在住していて、病気の子供も預かってもらえるサービスもあります。
保護者によって何を優先するかによって選ぶ保育園は変わってくるでしょう。

保育園のサービスについて

今は働く女性が増え、子供がいても夫婦共稼ぎは当たり前の時代となっています。
とはいえ、小さい子供を家に置いておくのは何かと不安なものですね。
小さい子供を安心して預けておける方法は、身内に預かってもらう方法、そして保育園を利用するという方法があります。
子どもを預かってくれる身近な人がいない場合、保育園はとても便利で頼りになる存在ですし、子供同士で触れ合ったり、遊んだりできますし、規則正しい生活を送ることによって、教育の面でもとても良いと思います。
保育園のサービスにもいろいろありますが、忙しいお母さんの場合は送り迎えも大変なので、送迎があるとより便利ですし、日曜日や祭日にも仕事が入ることも少なくないので、休日も利用できるとより便利だと思います。
さらに残業で遅くなったり、夜に働いているという人もいると思うので、延長でも子供を預かってくれたり、夜間も見てもらえる保育園があれば、より安心して仕事に集中できると思います。

保育園の料金は基本的に一律

保育園にもさまざまありますが、
私立保育園と公立保育園、どちらがお得なのでしょうか。
実は私立保育園も、公立保育園も保育料は一律です。
保護者の収入によって決められてくるため
基本的な保育料は変わらないのです。
でもその為にどうしても新しかったりする、充実した設備の
保育園のほうが、人気が出てしまい、倍率が高くなります。
やはり子供も親もかわいい遊具や、キャラクターがあったり、
建物が新しい方が、古い園よりも良く見えるものです。
事前に保育料を知りたい方は、
入園前でも役所に行くと、担当の方が保育料の一覧を見て
前年度の収入が分かれば、保育料がだいたいどれくらいかを
教えてくださいます。
実際、働いた時の収入と保育料のバランスのめどが立たなければ
保育園に預けるのも躊躇してしまいますよね。
また公立と私立では、私立保育園の方が
諸経費がかなり多くなってしまいます。
ですがその分、遠足やお遊戯会など、工夫を凝らした
他の園とは差別化した行事を期待できます。
子供も親もにっこり笑って通えるような園を見つけて下さい。

保育園について

皆さんは小学校に入る前に、保育園或いは幼稚園に行かれて
いましたでしょうか。
自分は保育園に通っていましたが
そもそも両者の違いは何が有るかをご存知でしょうか。
保育園はどちらかといいますと親が働きに出ていたりして
日中の子供の面倒を見れない方が利用する印象があります。
ちなみに入園申し込みの際には就労証明が必要となって
きます。
また預かる時間も朝から夕方或いは夜近くまでと
親の実情に合わせて選択できます。
子供はここで遊戯を
楽しんだり集団生活に慣れたりとかして育てられていきます。
一方の幼稚園は学習させる事に重きを置いていて、例えば
ひらがなや簡単な漢字を覚えたり、中には英語の勉強を
取り入れているところもあるそうですので驚きです。
保育園で記憶にあるのはお昼寝の時間が心地よかった
事や、おやつの時間があって楽しかった気がします。
また夏場は水遊びをしたり、遠足に出かけたりと色々な
イベントが盛りだくさんで、室内で工作を行いものづくりを
するのも楽しいですよ。

保育園の違い

保育園と言っても、それぞれで、特色も色々あります。
選ぶ際は、親の期待を背負った子だと、何でも競争をさせる保育所もあり、出来ればウチの子は、おっとりとしているので、自分のペースでさせてくれるところを選びたいと思います。
友人のところは、園庭で、どろんこ遊びをさせてくれたり、自然食に力を入れているそうです。
ウチも、そういったところが良いなと、初めは思いましたが、何分、場所が遠いだけに、通わせる事が出来なくて断念しました。
それなら、近くで、この子に合ったところを探していると、お給食は、ちょっと洋風なところがありますが、栄養バランスを考えた食事をしてくれています。
競争なども無く、この子のペースに合わせてくれるのが一番ですね。
保育園は、小さな子までいるので、下の子の面倒を見たり、それを常日頃からさせてくれるそうで、しっかりとしてくると聞きます。
こういった教育方針も、良いなと思いました。
まだ来年の話ですが、今から探しておこうと思います。

保育園のサービスを利用しませんか?

保育園は、入園している児童とその親の方のみがサービスを利用できると思ってはいませんか?実は、保育園はもっといろいろな人に開かれた設備なのです。
例えば、一時保育サービス。
これは、普段は保育園に通園していないお子さんを文字通りある一定の日時だけ預かってもらうサービスです。
全ての保育園で実施しているわけではないので、事前に問い合わせ確認が必要ですが、この一時保育サービスはとても便利です。
主婦のおかあさんでも、お子さんと二人でずっといると、どうしてもストレスがたまったりイライラしてしまうことがありますよね?ほんの少しの時間でも子供と離れてリフレッシュできれば、おかあさんの気持ちも回復し、またがんばってお子さんとの育児を楽しむことができるようになると思うのです。
育児をしていて疲れたな。
とか、ストレスがたまってきたな。
とか、子育てがつらいな。
と感じることがあったとしても、それは普通のことです。
悩む前に一時保育サービスを利用してはいかがでしょうか?

保育園のサービス内容

私がまだ子供のころは共働きをしている家庭が少ないほうでしたので、保育園に入っている近所の友達はかなり少数派でしたね。
実際にお母さんが働くというのが少し特殊だったこともあり、保育園の数も少なかったからです。
でもこの不況と女性が男性並みにどんどん働きに出ている背景から保育所の必要性が待機児童を産むくらいの深刻な問題になってきているのもわかりきっていることです。
それに保育園のサービス内容だって、昔とはかなり違ってきています。
土日祝も働くお母さんが増えてきているので土日祝も保育園を開けたり、遅い遅い残業や深夜勤務に合わせて夜遅くまで子供を預けてくれたりと本当に昔ではあまり考えることができないサービスまで充実してくれているのが助かるところです。
特に働くお母さんが多い首都圏では、待機児童問題も深刻化してきているので、今後も働くお母さんと子どもが喜べる保育園のサービスがよりいっそうに充実するのではないかなと思いました。

遊びに行こう 保育園

保育園は園児とその親に対してのみ開かれているのではなく、通園していないお子さんと親に対しても開かれているということをご存知でしたか?
例えば、保育園の園庭。
普段は保育園の園児が遊ぶために使われていますが、保育園によっては、保育園開園時間に一部園庭を開放してくれるとこともあります。
お母さんとお子さんが園児のいる保育園で一緒に遊ぶことも可能なのです。
それから、保育園で行われるお祭りや運動会。
これらも、園児と親だけではなく地元の方にも解放していますので、是非、催し物をチェックしてみたいですよね。
保育園は、通園していないお子さんにも開かれています。
もちろん、各保育園や行政機関によって対応が異なると思いますので、まずあなたの近所の保育園で、このようなサービスが利用できるのか?確認してみましょう。
保育園はとても楽しいところです。
是非、お子さんと一緒に遊びに行ってみてくださいね。
温かく迎えてくれると思いますよ。

最近のブログ記事